海外でvisaデビットカードを利用する際の注意点

visaデビットカードは近年クレジットカードを凌ぐ勢いです。
また海外でも利用できるので便利なカードです。
とは言ってもvisaデビットカードを使う場合注意点があります。
まずATMやレジでの取り扱い方が違います。
日本はカードを挿入口から入れてしまうパターンです。
しかし国外での使用となると方法が様々なので
あらかじめ知っていないと混乱します。
国外での使用の例としてはカードを上から下にスライドさせるとか
カードを水平にスライドさせてすぐに抜き取る場合とか
カード表面が自分側の縦向きに入れてすぐに抜き取るなどがあります。
ホテルやレンタカーの保証金の場合は
visaデビットカードが使うことができないケースもあります。
クレジットカードなら使用できるところもあり併用するのも手段の一手です。
どちらも使用できないケースも起こるのでやはりある程度現金は必要です。
visaデビットカードは銀行口座にある金額しか利用仕組みなので
海外での使いすぎ対策に行く前にあらかじめ使用限度のみ入金すれば管理が楽です。
お金をしっかり節約するならば限度以上はどうあっても使えないので効果的な使用方法です。
その一方でもし入金金額が足らない場合入金したくても国外では行うことができません。
よって入金金額には余裕を持った金額を入金して準備する方が
国外に滞在中で資金不足のトラブルの予防にもなります。
またカードに保証がつくのが一般的ですが発行する銀行によって違うので
利用者が国外使用用のものをあらかじめ作っておくと便利です。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら