海外でvisaデビットカードを利用する際の注意点

visaデビットカードは近年クレジットカードを凌ぐ勢いです。
また海外でも利用できるので便利なカードです。
とは言ってもvisaデビットカードを使う場合注意点があります。
まずATMやレジでの取り扱い方が違います。
日本はカードを挿入口から入れてしまうパターンです。
しかし国外での使用となると方法が様々なので
あらかじめ知っていないと混乱します。
国外での使用の例としてはカードを上から下にスライドさせるとか
カードを水平にスライドさせてすぐに抜き取る場合とか
カード表面が自分側の縦向きに入れてすぐに抜き取るなどがあります。
ホテルやレンタカーの保証金の場合は
visaデビットカードが使うことができないケースもあります。
クレジットカードなら使用できるところもあり併用するのも手段の一手です。
どちらも使用できないケースも起こるのでやはりある程度現金は必要です。
visaデビットカードは銀行口座にある金額しか利用仕組みなので
海外での使いすぎ対策に行く前にあらかじめ使用限度のみ入金すれば管理が楽です。
お金をしっかり節約するならば限度以上はどうあっても使えないので効果的な使用方法です。
その一方でもし入金金額が足らない場合入金したくても国外では行うことができません。
よって入金金額には余裕を持った金額を入金して準備する方が
国外に滞在中で資金不足のトラブルの予防にもなります。
またカードに保証がつくのが一般的ですが発行する銀行によって違うので
利用者が国外使用用のものをあらかじめ作っておくと便利です。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら

お金を借りるということのデメリットすべてについて

お金を借りるということにはデメリットが多数あります。
目先のわかりやすいデメリットは借金ができてしまい、返さなくてはいけないということです。
要はそれにつきるのですが、その借金ということから派生するデメリットも多数あります。
まず、利息がかかるということです。
借りた額をそのまま返せばいいというわけにはいかず、金利の安いところで年間1%かかります。
金利の高いところであれば10%を超すこともあります。
そして、この利息は雪だるま式に増えていきます。完済しなければ借金は増える一方になってしまいます。
そして、一度借金というものを覚えてしまうと、何かお金が必要になったとき節約をするとかなんとか出費を減らしたりして融通をつけるといった方法をしなくなってしまう可能性が多くあります。
また、お金を借りることでその場をやりすごそうとしてしまいがちです。
この困ればお金を借りる、そして、その借りたお金に利息がついてさらに借金が増える。といった負の連鎖に陥ってしまいます。
そうなってしまえば何事もお金でしか見ることができなくなってしまい、視野が非常に狭い、動きにくい窮屈な生活になってしまいます。
一度そのような生活に陥ってしまうと自力で立ち戻るのは困難です。友人や親族に迷惑をかけてしまうことも少なくなりません。
このようにお金を借りるというのは損をするといった小さいデメリットでは収まらず、人生を台無しにしてしまい、親しい人をも巻き込みかねないということを充分に理解しておく必要があるでしょう。
http://www.mkombozi.org